スイミングの注意点

スイミングを行う上で、注意しなければいけないことは、ペース配分に注意しましょう。上手く出来てしまえば、先に進みたがるものです。無理をしないことが必要です、最初から、全力ではなく、長く続けることが出来るようにペース配分には気をつけましょう。

脂肪燃焼が本格的に動き始めるのは、20分以上、経過してからです。そして、正しいフォームで泳ぎましょう。間違えたフォームでは、カロリー消費の効率も悪くなりますし、筋肉にも、不必要な力が入ってしまいます。インストラクターに尋ねてみることが必要です。的確なアドバイスをしてくれます。そして、慣れない運動で、足がつった場合はその場で、運動を中止しましょう。そのまま、運動を続けては、支障が出ますし、怪我につながる場合もあります。プールから上がり、休息を取りましょう。筋肉には、休息も必要なのです。

足がつるということは筋肉が縮んでいる状態です。つった部分は、丁寧にマッサージやストレッチを行って下さい。痛みが引いてきた場合は、水分補給をしながら、様子を見て下さい。プログラムに慣れてきたら、平泳ぎやクロールにも挑戦することも必要です。フィットネスクラブにおけるスイミングには、まだまだ、続きがあるのです。